七瀬くるみのせきらら日記。

ライター七瀬くるみのブログです。

最近話題のクラウドファンティング。日本三大クラウドファンティングサービスサイトを比較してみた!

みなさんこんにちは、現役女子高校生ライターの七瀬くるみです。

最近まで私は「高校生のための起業家講座NES」というビジネスコンテストに参加していました。そこでは賞金総額100万を目指して活動をしていたのですが、その賞金はなんとクラウドファンティングで集められていたそうな!

クラウド=群衆? ファンティング=集める??

いったいクラウドファンティングとは何なのか、そしてどこのサービスを使うのがいいのか!私七瀬くるみが比較してみました。

 

 

クラウドファンティングとは

クラウドファンティングとはざっくり言うと大衆から自分のプロジェクトを行うための資金を調達できるシステムのことをさします。

うまくPRしたり、いいリターン(投資のお礼)を準備することで、うまく行けば数百万の資金を集めることも可能!!!現代ならではの資金集めの一策です。

 

大手クラウドファンティング3サイトを比較!!

CAMPFIRE

CAMPFIREの一番のいいところは、「手数料が圧倒的に安い!」ということ。CAMPFIREは手数料は支援総額のたったの5%!ありがたいですね。

CAMPFIREに投稿されているプロジェクトは、デザイナーやクリエイティブ系のプロジェクトが多いです。過去にはキングコング西野さんのプロジェクトも投稿されていました。有名人も利用するサイトなんですね。バラエティに富んだ様々なプロジェクトがあるCAMPFIRE。「こんな世界になったら楽しいだろうなぁ」と思わせてくれるようなプロジェクトが、CAMPFIREには多くあがっています。500円から気軽に支援できるプロジェクトも多いので、気軽に支援もプロジェクトも始められそうです。

 

READY FOR?

赤いサイトが印象的な「READY FOR?」。なんと日本で最初のクラウドファンティングサービスサイトだそうです。

このサイトに集まるプロジェクトは「社会貢献」系が多いです。エンターテイメントでも、「子供のためのアニメ」「地域活性化ドラマ」など、誰かのためになるプロジェクトがメイン。学生の活動応援のプロジェクトもありました。面白いリターンを求めるのではなく、純粋にプロジェクトの内容に共感した人が応援することの多いサイトのように見受けられました。手数料は支援総額の17%。水準よりは安めなのでありがたいです。

 

Makuake

製品や創作(アニメ・音楽など)を応援するプロジェクトが多いのがMakuake。リターンが完成した製品や作品なので、わかりやすい形でリターンが届くのが利点です。クラウドファンティング成功によって完成した製品をまとめているページも。見ているだけでわくわくします。手数料は支援総額の20%と三つの中では一番高いけれど、自分のプロジェクトに自信のあるひとにはもってこいのサイトかもしれません。

 

まとめ

なんとなく「いつかできたらな…」と密かに思っているプロジェクトがあるあなた!!クラウドファンティングという手段を知った今がチャンスです。掲載料は無料ですし、どのサイトもスタッフさんがPRのしかた等をサポートしてくれるので安心です。この機会に是非、クラウドファンティングを始めてみては??

七瀬も自分の学生団体で大きなイベントをやるときにお世話になろうと思います!